阿久津貴志私的公式ブログ|国士無双語録

ホーム

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事(10件)

カテゴリー毎に表示

月別に表示

月別: 2020年01月

お問い合わせ

2020年1月15日01:25:58/カテゴリー:LONDRINA, Private

あのこどんな選手だったの?
 
フィジカル強かった?
 
速い選手?
 
 
LINE、電話、スクールで聞かれる回数が多い
 
 
いやいや、足は遅い方ではないが特別速い訳でもない
 
コンタクトには弱く、そういったフィジカルは・・・全くない
 
 
 
なにかあるとすると「努力する才能があった選手」
 
明確な目標があり、そこに対する努力は怠らなかった
 
それくらいですかね
 
 
小学生の頃から、静岡学園に入る事を目標にボールを触りまくる
 
家の前ではもちろん、スクールでも、SFの練習でも
 
時には、家の前で一緒に練習していてダラける弟に激怒し、罰として走らせる
 
それくらい練習には厳しかった
 
 
静岡学園の興龍に紹介したのは、祐介が6年生の時
 
時之栖で行われた、「静岡学園 – 流経柏」のプリンスリーグ観戦した際だった
 
 
祐介:「静岡学園に入りたいので宜しくお願いします!」
 
興龍:「お〜そうか、まずはしっかり阿久津さんのとこで鍛えてもらえよ!」
 
これが最初に交わした言葉だった
 
 
あまりにも明確な目標があるので、今の子供なら誰しも飛びつきそうな話も普通に断る事もしばしば
 
5年から6年生に上がるタイミングで、地域の子供の多くがその名前に揺れるJクラブの◯◯クラスのセレクションを受けるも、合格後に辞退
 
「LONDRINAでやってる方がレベル高いんで」
 
辞退の理由
 
 
6年から中学生に上がる際も、某Jクラブから声がかかるも
 
「Jユースが目標じゃなくて、静岡学園に行く事が目標なので!」
 
またしてもお断り
 
 
 
小学6年生時、ジュニアユース時はタイミングを見つけて
 
コツコツ静岡学園の練習に参加
 
IMG_0277
 
興龍に「お客さんのつもりで来てるなら帰れ!」
 
高校生に「何やってんだよ!下手だなぁ」
 
そう言われても、帰ってくる度に
 
「みんなすげぇ〜うまくて、超楽しかったです!また行かせてください!」
 
まぁ、どMですね。
 
 
 
静岡学園と言えば文武両道
 
明確な目標がある祐介の小学生時代の1週間のスケジュール
 
月、火、木、金曜日は、スクール、練習
 
土、日曜日は、SFチーム活動
 
水曜日だけは一切ボールに触れず、勉強する日
 
理由は簡単
 
それ以外の日で、目一杯ボールを触りたいから
 
 
 
あまりにボールを触り過ぎて、脳が誤作動を起こしたのか、道にあった石をボールと見間違えてキック・・・骨折
 
そんな事をする中学1年生・・・
 
IMG_0580
 
 
中学生時代は、遠征中ではバインダーも持って来て移動のバスの中でも勉強
 
塾で練習を休む事も、夏季講習、冬季講習で練習を休む事もほぼ「0」
 
塾の講習はLONDRINAが無い時、または終わってから入れる
 
もちろん高校受験も1週間前まで休まずトレーニングに参加
 
 
やはり、どMです!
 
 
祐介が面倒をみてもらってたように、今度は祐介がLONDRINAの小学生、中学生を面倒をみる
 
スクリーンショット 2020-01-15 10.07.52
 
スクリーンショット 2020-01-15 10.09.54
 
 
 
祐介以上の能力を持った子は全然居たし
 
先日もパーシモンのコーチにも
「祐介、涼也の代で、あのずば抜けてた子どうなりました?」
 
「・・・・・」
 
選手の成長が少し速いと、誰かが勘違いをし始める・・・
 
つづく

コメント:なし

阿久津貴志

?php $authordata=get_userdata(3);echo $authordata->first_name;?>貴志
名前:
阿久津貴志
誕生日:
1975年9月28日
出身地:
神奈川県
所属:
湘南ベルマーレフットサルクラブ・吉本興業東京NSC7期生

(管理メニュー:ログイン


スポンサー

スペシャルサンクス

協進フルマーク工業株式会社
ZUCC
ZUCC FUTSALBASE 大井
ZUCC FUTSALBASE 町田
JO FUTSALBASE 越谷
554 WEB SOLUTION
© Takashi Akutsu. All rights reserved. Powered by 554 limited company