阿久津貴志私的公式ブログ|国士無双語録

ホーム

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事(10件)

カテゴリー毎に表示

月別に表示

休日出勤

2017年5月6日20:28:13/カテゴリー:Private

 
IMG_5001
 
 
今日U-15、U-14の予定はOFF
 
もちろんしっかり休養をとってもらうためのOFF
 
ゴールデンウィークなので2日くらいはと思ってのOFF
 
 
 
U-13の会場に着いてみると、U-14の選手が数名
 
「どうしたの?」
 
「練習しに来ました。」
 
「今日休みだろ?」
 
「明日もOFFなんで、今日は動こうと思いました。試合出ても良いですか?」
 
「良いよ。」
 
 
 
スペインだとNGな行動だが、日本人の私には素晴らしいと素直に思えた。
 
もちろん来なかった子がどうこう言うつもりはない。
 
ただ、こう言う行動を取れるようになったかぁと感心した、ゴールデンウィークでした。

コメント:なし

感謝

2017年5月5日23:45:36/カテゴリー:Private

IMG_4887
 
ここから始まった、北信越遠征
 
 
岐阜から、石川まで送ってくれたレッカー会社会長は自分の帝京高校同級生の知り合い
 
石川から富山まで送ってくれた、遊学館高校岸コーチはフットサルB級の受講生
 
富山から長野、長野から神奈川まで、急遽駆けつけてくれた大ちゃんこと田中さんは
ベルマーレフットサル開幕からお世話になってる方
 
レンタカーを返しに行った際に、岐阜から長野まで乗せてくれたライオンズSCの臼杵は
LONDRINA時代のチームメイト
 
 
 
試合のマッチングはもちろん
 
今回のアクシデントで、様々な「人」に助けて頂きました。
 
改めて思ったことは、誰かが困った時に率先して動ける人でありたいということ。
 
 
 
 
富山第一高校の大塚監督と国士舘の先輩力さん
 
IMG_4995
 
 
国士舘の後輩で上田西高校の白尾監督、教頭の渡邉先生も国士舘の先輩
 
IMG_5004
 
IMG_4973
 
 
京都久御山高校の松本監督も国士舘の先輩
 
IMG_4970
 
 
 
国士舘大学サッカー部おそるべし・・・。
 
この繋がりがあるから今自分たちが活動出来てる。
 
これからも人への感謝、人との繋がりを大事に進んでいきます。
 
いつかは頼られる側に回れるように!

コメント:なし

歴史

2017年4月30日23:06:35/カテゴリー:Private

IMG_4875
 
U-12が3位、U-11、U-10がベスト8で終わった今年のバーモントカップ
 
クラブとしては3年連続の3位
 
 
 
今年、プリメイロが対戦したエスタジオ横浜のコーチとして帯同していた、ヒロアキ。
 
試合は、人数の差もあり大差で勝利
 
ふと、昔を思い出した。。。
 
 
 
バーモントカップに出場し始めたのは、ヒロが小学生の時だったなぁ。
 
当時は、LONDRINA FENIX(現エスタジオ横浜)、LONDRINA 大井があり、厚木の体育館(現南毛利スポーツセンター体育館)での大会に出場
 
LONDRINA FENIXには、カナメがいて、ヒロがいて、ユウタがいて
 
LONDRINA 大井には、ナオトがいて、コウキ(晃都の兄)がいて、ショウがいて、イデケンがいて
 
 
子供と大人が試合してるみたいだったなぁ。
 
こんなスコアで負ける?って、感じだった。
 
毎回3チーム出しするけど、毎回1回戦負け・・・
 
 
何年も、何年も負け続けたなぁ。。。
 
 
 
今では、そこそこやれるクラブになったのかぁ。
 
あれがあったから今がある。
 
よくいう言葉だけど
 
今回、対戦したヒロと会った事で、あの頃を思い出しました。
 
 
 
 
 
今回の大会で、大きな成長を見せてくれた6年生
 
紅白戦をすると、下の学年にやられてしまう事も多く
 
今年はきついかなぁって思ったけど
 
やれるようになるという事を教えてもらいました。
 
 
 
 
改めて、初心に帰り精進します。

コメント:なし

人として

2017年4月29日22:52:14/カテゴリー:Private

悲し過ぎるというか、残念過ぎる。。。
 
ボールに触る以前の問題である。
 
この先の変化に注目したい。
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170429/k10010966691000.html

コメント:なし

静学ブログより

2017年4月25日22:37:21/カテゴリー:Private

うまい選手で終わるな。速く強い選手で終わるな。
化けろ。
 
 
化けるには条件がある。
今まで全く目立たず戦力外になっていた人間が急激に頭角を現わし大化けすることがある。
ここで、化ける人間の条件を列挙する。
 
1.表には出さないが燃え滾る闘志を内包していること
2.好奇心が旺盛なこと
3.研究熱心であること
4.持続力を保有していること
5.楽しんで練習をしていること
6.どんな誹謗中傷に耳をかさないこと
7.先ず愚直にコーチの指示通り動く意志があること
8.自分を初期化できること
9.猪突猛進であること
10.有能な同僚がいて挑戦ができる環境にあること
 
最低この十項目を網羅していなければ人は化けられない。
 
化けるタイプの人間を外見で判別することは不可能、たとえどんな人間が化けたところで驚愕には値しない。
 
よく、こんなおとなしい人があんなっていうけど、
誰でも心の奥底には鬼が棲んでおり、
なんらかのきっかけでその外道が顔を出す時もある。
つまり化ける人間も些末なきっかけから己の潜在能力を開花させる。
化けるのはごく一部。なぜなら、ちょっと変わり始めるとすぐに満足してやめ、厳しいとみんなあきらめちゃうんだ。それを普通という。

コメント:なし

信念

2017年4月20日00:56:46/カテゴリー:Private

ジーコ、ロナウド、ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョ、ジエゴ、フッキ、ネイマールら、歴代のブラジル代表選手、スペイン代表のカルロス・プジョル、シャビ、イニエスタ、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ、ポルトガル代表のデコ、クリスティアーノ・ロナウドといった世界的に名を馳せるサッカーのスター選手たち。彼らが幼少の頃にフットサルをプレーし、フットボールの才能を磨いていった。日本でも幼少の頃にフットサルをプレーすることが、サッカー選手の育成に役立つという認識
 
河合拓、良い記事を書くではないか。
 
 
私たちもそう思って続けてます。
 
https://victorysportsnews.com/articles/75/original

コメント:なし

憩いの場

2017年4月19日23:50:37/カテゴリー:Private

 
IMG_4815
 
 
3月26日から本日までの約1ケ月。
 
久々に我が家に帰って来ました。
 
 
さすがに疲れが・・・
 
 
 
この光景が何よりのリフレッシュです。

コメント:なし

行動あるのみ

2017年4月7日23:44:46/カテゴリー:Private

スクリーンショット 2017-04-09 0.44.27
 
 
一見、一験したので、あとは実行しましょう。

コメント:なし

成長

2017年4月5日00:20:00/カテゴリー:Private

何気なくそうなってしまってないか?
 
子供を飛び越えてないか?
 
手を当てて考えてみる。
 
 
 
 
子供が賢くならない親のNG行動ベスト10!!
バイキングで塾講師の方が語った事。
 
第10位.自分が出来なかった目標を背負わせる
自分の目標ではなく親の目標となる為、いざという時に頑張れない子になってしまう。
 
第9位.父親が母親を責める
子供が伸びない事を母親のせいにして責める父親・・結果、子供のプレッシャーが強くなってしまい、悪循環なのです。
 
第8位.子供以上に落ち込む
子供が受験に失敗した時などに、子供以上に落ち込んでしまうのではなく一番落ち込んでいる子供に対して努力は無駄なものではない事を伝えてあげるのも親の役目なのです。
 
第7位.単語の会話を許す
「別に!」「普通!」といった、単語の会話を許すと、相手に気持ちをうまく伝える事が出来ません。ボキャブラリーを増やしてあげる事も親の役割なのです。自分で考えながら話すという事が学力UPにも繋がります。
 
第6位.習い事をやめさせる
受験が控えているからと言って、サッカーやピアノなど好きでやっている習い事を無理やり辞めさせてしまうと、かえって集中力が低下してしまうのです。両立した方が、合格率は上がるでしょう。
 
第5位.宿題やったの?と確認する
これからやろうと思っていたら、反発してしまうNGワードとなります。「出来た宿題見せて?」という風に言い方を変えてみるといいでしょう。
 
第4位.ご褒美でやる気を出させる
ご褒美を貰える事だけが目的で、ゴールになってしまうので自分から進んで学ばなくなってしまうのです。
 
第3位.人前で「うちの子はダメ」と言う
お母さん同士の会話で、ついつい言ってしまいがちですが一番お母さんに認めて欲しい子供にとってはモチベーションを下げる原因になります。
 
第2位.子供の過去を責める
いつまでも言い続けても、プラスにはなりません。未来から逆算する言葉がけをするといいのです。
 
第1位.結果だけ評価する
良い点を取らなければいけないというプレッシャーに押しつぶされそうになり、カンニングをしてしまう原因にもなるのです。
 
■子供との会話で「頑張れはNG」
大人もそうですが、「頑張れ」という言葉はプレッシャーにもなりマイナスの言葉となってしまうのです。
 
■子供への説教を30秒以上するのはNG
子供は15秒しか聞いていません。それ以上説教をしても、お母さんが怒っているという目でしかみれません。説教をする時は手短にするようにしましょう。
 
良い親子関係を!!
 
子育てには正解がないと言われていますが、親の育て方次第で、子供の可能性は伸びるのです。
 
NG行動を心に置き、子供と一緒に成長していきたいものですね。

コメント:なし

紙一重

2017年3月26日23:49:51/カテゴリー:Private

公文書偽装
 
 
スクリーンショット 2017-04-08 23.57.58
 
 
長男が成績表を → で偽装してきました。
 
奥さんに「どう思う?」と聞かれたので
 
「甘い!」と答えた。
 
 
自分は小学3年の時、◯の表面をカッターで削り
 
消しゴムで当時授業で習った「じゃがいも印」で◯を作って押しました。。。。
 
 
 
妻には、「血だね」と一蹴されました。

コメント:なし

阿久津貴志

?php $authordata=get_userdata(3);echo $authordata->first_name;?>貴志
名前:
阿久津貴志
誕生日:
1975年9月28日
出身地:
神奈川県
所属:
湘南ベルマーレフットサルクラブ・吉本興業東京NSC7期生

(管理メニュー:ログイン


スペシャルサンクス

SVOLME
古川
SCN
協進フルマーク工業株式会社
554 WEB SOLUTION

マイビジネス


fut-cation blog link
© Takashi Akutsu. All rights reserved. Powered by 554 limited company