阿久津貴志私的公式ブログ|国士無双語録

ホーム

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事(10件)

カテゴリー毎に表示

月別に表示

カテゴリー:LONDRINA

無念

2020年3月5日23:13:49/カテゴリー:LONDRINA, Private

多くの支援、応援を頂いた
 
多くの選手たちに吠えていた
 
多くの人の印象に残っている
 
誰にも告げずにこの世を後にした
 
あれだけ支援して頂き
 
あれだけ応援して頂いたのに
 
支援も、応援することが出来なかった・・・
 
 
ご冥福をお祈りします!

コメント:なし

2020年2月3日23:41:16/カテゴリー:LONDRINA, Private

16歳までにサッカーを学(躾)
 
各年代、年代ですべき事、学習していなければいけない事
 
そこには発育発達等に基づく育成メソットがある
 
 
子供たち以上に、指導者が学ばなければ、未来はない
 
『温故知新』
 
大事な事
 
ただ、古い事だけで、新しきものに目を向けないのは大問題
 
小学生年代の重鎮には、そんな指導者が多いのかな。。。
 
勉強するか、その席を譲るかしないとね
 
自戒を込めて!
 
 
 
 
以下、JFAアカデミー福島 島田信幸ヘッドコーチのコメント
 
育成年代は「しつけのサッカー」
 
デュソー氏
 
「試合の中で判断させるのは大事だが、サッカーにおける原理原則を教えずに“考えろ”と言うのはおかしい。もっと言わないといけない」原理・原則を伝えることで、広がりが出る。
 
JFAから情報を発信すると、針が振れすぎてしまう。
「オーバーコーチングはやめよう」と言うと、ノーコーチングになってしまい、「仕掛けを」と言うと、やみくもに仕掛けてしまう。やはり考えさせるための材料を与えることが必要です。それがないと考えられない。それが適切なコーチングだと思うのです。
 
育成年代の指導者に問われるのは、試合中に“育てるコーチング”ができるか、緊迫した中で伝えられるか。今、言わないといけないことを言って充てることです。
オーバーコーチングとの区別が大事です。
 
原理原則のベースを与えずに、その先を要求していないでしょうか。
育成年代だからこそ選手への発問をすること、投げかけることは必要でしょう。
子どもたちに自ら答えを導き出させるためにも指導者は学び続けていかなければならない。
 
 

コメント:なし

選択

2020年1月28日03:12:39/カテゴリー:LONDRINA, Private

 
日本サッカーを支える街クラブとJクラブ。ジュニア育成のあり方とは?
 
なぜ高校出身選手はJユース出身選手より伸びるのか?
 
 
「来年◯◯のジュニアに移ります」
 
現場は気付いている
 
そろそろ保護者も気付いてくるだろう
 
 
私たちのクラブにも数年前、「こいつは!」と言う小学生が居て
 
本人の希望もあり、中学生年代は某Jクラブに預かって頂きましたが・・・
 
もちろんユースに昇格出来ず、進路は地元の高校に
 
 
あれだけの素材を良く出来ないって、どうなの??
 
その名前に惹かれる選手、保護者が多い・・・のに
 
 
さぁ私たちは今まで以上に、フィロソフィーを貫こう!!

コメント:なし

たのしめてるか。

2020年1月20日05:31:45/カテゴリー:LONDRINA

たのしめてるか。
 
たのしんでるか。
 
 
プライドを持つ事のカッコ良さ
 
これは!という
 
自分にしか出来ないなにか
 
そんなものが見つかったら
 
大人も、子供も関係なく、一度きりの人生をたのしめるはず
 
親よりも先にそういうものを見るける子供もいるだろ
 
そんな時にこぞって大人は言うだろう、そんな選択して大丈夫か!?
 
理由は1つ
 
自分(大人)が経験して来てない事を選択しようとする不安
 
だから最終的に平均にさせたがる
 
『出る杭は打たれる』
 
誰に??
 
親に
 
『出過ぎた杭は打たれない』
 
 
プライドを持って、たのしもう!!
 
たのしんでる人は格好良い!
 
 
湘南ベルマーレ発“ローカルキャリア教育”プロジェクト「湘南まなべるまーれ
 

コメント:なし

お問い合わせ

2020年1月15日01:25:58/カテゴリー:LONDRINA, Private

あのこどんな選手だったの?
 
フィジカル強かった?
 
速い選手?
 
 
LINE、電話、スクールで聞かれる回数が多い
 
 
いやいや、足は遅い方ではないが特別速い訳でもない
 
コンタクトには弱く、そういったフィジカルは・・・全くない
 
 
 
なにかあるとすると「努力する才能があった選手」
 
明確な目標があり、そこに対する努力は怠らなかった
 
それくらいですかね
 
 
小学生の頃から、静岡学園に入る事を目標にボールを触りまくる
 
家の前ではもちろん、スクールでも、SFの練習でも
 
時には、家の前で一緒に練習していてダラける弟に激怒し、罰として走らせる
 
それくらい練習には厳しかった
 
 
静岡学園の興龍に紹介したのは、祐介が6年生の時
 
時之栖で行われた、「静岡学園 – 流経柏」のプリンスリーグ観戦した際だった
 
 
祐介:「静岡学園に入りたいので宜しくお願いします!」
 
興龍:「お〜そうか、まずはしっかり阿久津さんのとこで鍛えてもらえよ!」
 
これが最初に交わした言葉だった
 
 
あまりにも明確な目標があるので、今の子供なら誰しも飛びつきそうな話も普通に断る事もしばしば
 
5年から6年生に上がるタイミングで、地域の子供の多くがその名前に揺れるJクラブの◯◯クラスのセレクションを受けるも、合格後に辞退
 
「LONDRINAでやってる方がレベル高いんで」
 
辞退の理由
 
 
6年から中学生に上がる際も、某Jクラブから声がかかるも
 
「Jユースが目標じゃなくて、静岡学園に行く事が目標なので!」
 
またしてもお断り
 
 
 
小学6年生時、ジュニアユース時はタイミングを見つけて
 
コツコツ静岡学園の練習に参加
 
IMG_0277
 
興龍に「お客さんのつもりで来てるなら帰れ!」
 
高校生に「何やってんだよ!下手だなぁ」
 
そう言われても、帰ってくる度に
 
「みんなすげぇ〜うまくて、超楽しかったです!また行かせてください!」
 
まぁ、どMですね。
 
 
 
静岡学園と言えば文武両道
 
明確な目標がある祐介の小学生時代の1週間のスケジュール
 
月、火、木、金曜日は、スクール、練習
 
土、日曜日は、SFチーム活動
 
水曜日だけは一切ボールに触れず、勉強する日
 
理由は簡単
 
それ以外の日で、目一杯ボールを触りたいから
 
 
 
あまりにボールを触り過ぎて、脳が誤作動を起こしたのか、道にあった石をボールと見間違えてキック・・・骨折
 
そんな事をする中学1年生・・・
 
IMG_0580
 
 
中学生時代は、遠征中ではバインダーも持って来て移動のバスの中でも勉強
 
塾で練習を休む事も、夏季講習、冬季講習で練習を休む事もほぼ「0」
 
塾の講習はLONDRINAが無い時、または終わってから入れる
 
もちろん高校受験も1週間前まで休まずトレーニングに参加
 
 
やはり、どMです!
 
 
祐介が面倒をみてもらってたように、今度は祐介がLONDRINAの小学生、中学生を面倒をみる
 
スクリーンショット 2020-01-15 10.07.52
 
スクリーンショット 2020-01-15 10.09.54
 
 
 
祐介以上の能力を持った子は全然居たし
 
先日もパーシモンのコーチにも
「祐介、涼也の代で、あのずば抜けてた子どうなりました?」
 
「・・・・・」
 
選手の成長が少し速いと、誰かが勘違いをし始める・・・
 
つづく

コメント:なし

バトンリレー

2020年1月13日23:21:27/カテゴリー:LONDRINA, Private

多くの指導者リレーで育った選手が高校日本一の瞬間
 
埼玉スタジアム2002のピッチに立たせて頂いてました!
 
 
 
◆小学生年代
 
秦野本町SSコーチングスタッフの皆様
 
P.S.T.C. LONDRINA 秦野スクール
伊久間 洋輔
 
P.S.T.C. LONDRINA SF(2期生)
U-10 荻窪 孝(現フウガドールすみだコーチ)
   小澤 慶二郎(現國學院久我山高校コーチ)
U-12 富永 英明
 
 
◆中学生年代
 
P.S.T.C. LONDRINA JY(7期生)
刈込 真人(現湘南ベルマーレフットサルクラブ 静岡学園OB)
宮地 宏
阿久津 貴志
 
 
IMG_8073
 
 
 
国士舘大学出身の指導者リレー
 
 
◆小学生年代
P.S.T.C. LONDRINA
伊久間 洋輔(39期生)
富永 英明(40期生)
小澤 慶二郎(42期生)
 
◆中学生年代
P.S.T.C. LONDRINA
阿久津 貴志(39期生)
宮地 宏(42期生)
 
◆高校生年代
静岡学園
齊藤興龍(42期生)
 
IMG_8064
 
興龍に感謝です!!
 
ぱっこを奢ります!!

コメント:なし

best 4

2020年1月10日13:15:47/カテゴリー:LONDRINA, Private

この時期にサッカーをやれる、幸福な高校が4校に絞られました!
 
青森山田 – 帝京長岡(12:05)
 
静岡学園 – 矢板中央(14:20)
 
ジュニアユース3年時に観戦に行った、埼玉スタジアム2002
 
今度は3年後に自分たちがそこで試合をする!
 
2016年1月11日に撮った埼玉スタジアム2002前での集合写真
 
IMG_0833
 
 
この2人がピッチでバチバチやる姿を想像したら・・・
 
IMG_7544
 
 
埼玉スタジアム2002のロッカールームくつろぐ、へっぽこレフティー
 
ロイター通信ではなく、望岳通信から写真が送られて来ました!
 
S__14311468
 
 
「努力は裏切らない」
 
石を蹴って骨折する程、ボールに触っていた甲斐がありました!
 
さぁ、あと2歩!!
 
楽しめ!!!

コメント:なし

今年の裏表

2020年1月4日18:33:11/カテゴリー:LONDRINA, Private

表もあれば裏がある
 
表の方で活躍している選手、3名
 
裏の方で活躍している選手、1名
 
 
今年はOBの活躍で例年になく表も忙しく
 
とは言え、裏は裏である訳です!
 
 
今年も裏に年始の挨拶に行って来ました!
 
IMG_7748
 
IMG_7741
 
IMG_7746
 
通称、裏選手権と言うものの・・・豪華過ぎる出場校
 
そう言えば、去年の今頃は真生也が居て、祐介が居てと、去年「裏」だった選手たちが
 
今年は、表で頑張ってます!
 
 
今まで裏に居た、流経柏の榎本も2020年から監督として表に出ます!
 
ただ、表に出て良い存在かは微妙ですが・・・
 
苦労が報われた感じですね!!
 
IMG_7747
 
 
 
母校の帝京→北越→桐光→帝京三→大成→日本航空と順繰りに挨拶
国士舘繋がりの日本文理、藤枝東、西武台には顔を出せませんでした・・・
 
 
オール帝京の大成のスタッフと集合写真
 
IMG_7743
 
左から、野口ピント、日野、豊島、私、今成
 
なぜか、帝京出身ではなく、国士舘大学の後輩で埼玉工業大学今成監督も混ざってます・・・
 
ちなみに、大成高校の豊島監督、日野コーチは私が教育実習に行っていた時の生徒でした。。。。
 
2019年夏のインターハイで大成高校は帝京高校を倒して全国に出てる
 
みんな表で活躍してるんですよねぇ
 
 
 
これだけ色んな指導者から刺激をもらったら、今年もノンストップで行くしかないですね!!

コメント:なし

嬉しい悲鳴

2020年1月2日21:50:24/カテゴリー:LONDRINA, Private

兄弟が多いと授業参観が大変と嘆いていたうちの奥さん
 
今更ながら、その気持ちが少し理解出来ました。。。
 
 
 
1月2日は順当に行けば、OBがいる3校中2校のキックオフ時間が被ることは分かっていた
 
等々力からの三ツ沢か・・・
 
駒沢からの三ツ沢か・・・
 
三ツ沢のみか・・・
 
 
 
へっぽこの試合は年末に見れたし・・・
 
悠斗は脳震盪明けで出るか分からないけど・・・帝京長岡の大ボスに「2日来るよな?」・・・「ハイッ!」
 
真生也はスタートで出るけど、前半で足をつるだろうから・・・
 
 
 
と言う事で
 
等々力の前半を観て、三ツ沢へ移動
 
 
超タイトなスケジュールでしたが、真生也の両親と久々にお会い出来たり
 
鎌倉高校の宮澤監督と、平塚工科高校の加藤監督が高校選手権のパンフレットとなぜか国士舘大学の旗・・・を持って挨拶に来てくたり
 
IMG_7622
 
 
そして何より、真生也のゴールが目の前で見れたり
 
IMG_7635
 
最高の年明けでしたね!!
 
 
残念ながら、悠斗の勇姿は見れませんでしたが、ガッツリOBに楽しませて頂いております!!
 
IMG_7638
 
 

コメント:なし

デビュー

2019年12月31日18:00:58/カテゴリー:LONDRINA, Private

クラブとして高校選手権のピッチにへっぽこレフティーがデビューしました
 
しかも、クラブとして初の全国大会を経験したバーモントカップと同じ駒沢で
 
その全国大会出場を果たした、メンバーが
 
Futsal Xの記事
 
1W3A0607
 
1W3A0652
 
1W3A0685
 
1W3A0802
 
1W3A0824
 
インターハイのピッチには多くのP.S.T.C. LONDRINAジュニアユースOBが立たせて頂きましたが
 
高校選手権の舞台には初となります
 
そして・・・ごっつぁんゴールまで!
 
1W3A1470
 
1W3A1471
 
1W3A1472
 
1W3A1489
 
1W3A1490
 
ジュニアユース時代はGKが居ないゴールですらゴールポストに当てるへっぽこ祐介が
 
今日は冷静に流し込んでいました
 
※少し当たり損ねてましたが・・・
 
 
 
大会は始まったばかりです、彼らのプレーを温かく見守ってください!!
 
※写真は持ってる人脈をここぞとばかりに使わせて頂きました、サンクス
 
 
 
〜全国高校サッカー選手権大会の奇跡〜
 
第98回全国高校サッカー選手権大会(2019年)
JY7期生 草柳祐介(静岡学園高校 3年)
JY7期生 藤生悠斗(帝京長岡高校 3年)
JY7期生 成定真生也(日大藤沢高校 3年)
 
第97回全国高校サッカー選手権大会(2018年)
JY6期生 沼澤太孔(国士舘高校 3年)
※メンバー入りするも出場無し
 
第95回全国高校サッカー選手権大会(2016年)
JY5期生 安田光希(帝京長岡高校 2年)
※大会期間中に胃腸炎になり出場無し

コメント:なし

阿久津貴志

?php $authordata=get_userdata(3);echo $authordata->first_name;?>貴志
名前:
阿久津貴志
誕生日:
1975年9月28日
出身地:
神奈川県
所属:
湘南ベルマーレフットサルクラブ・吉本興業東京NSC7期生

(管理メニュー:ログイン


スポンサー

スペシャルサンクス

協進フルマーク工業株式会社
ZUCC
ZUCC FUTSALBASE 大井
ZUCC FUTSALBASE 町田
JO FUTSALBASE 越谷
554 WEB SOLUTION
© Takashi Akutsu. All rights reserved. Powered by 554 limited company