阿久津貴志私的公式ブログ|国士無双語録

ホーム

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事(10件)

カテゴリー毎に表示

月別に表示

カテゴリー:Private

詐欺

2019年10月29日06:41:17/カテゴリー:Private

この時期に出てくるあるあるの話
 
うちのジュニアユースは、◯◯高校とは太いパイプがあるからうちきたら入れてあげる
 
そんな事を信じる親も親ですが、それはまずいでしょ???
 
バレるでしょ?
 
 
まぁ今までバレてないからやり続けているんだろうけど。。。
 
 
たまたま聞いた話だけど、名前が出た高校とそれを言ってきたと言うクラブチーム
 
高校の監督に聞いてみたところ、クラブチームの名前は知ってるけど
 
監督さんの名前は知らないですねぇ・・・
 
 
 
だよね
 
 
これって、詐欺にならないのか
 
この業界の信用が下がらない事を祈ります!

コメント:なし

進学校に行くと賢くなる?

2019年10月29日02:43:40/カテゴリー:Private

組織論で学んだ事=働きアリの法則
 
 
進路に関して
 
「埋もれる」を避ける選択をとっている事もそれてはいないのだと解釈する。
 
 
埋もれないためには、不燃性の人を作らない事を心がけよう
 
 
 
自燃性の人・・・誰に何を言わなくても自分で燃えることのできる人
 
可燃性の人・・・周りが火をつければ燃えることのできる人
 
不燃性の人・・・周りがなにをやっても燃えることのできない人
 
 
 
進学校に行くと賢くなる?

コメント:なし

未来の学校はどうなるのか??

2019年10月25日23:27:25/カテゴリー:Private

早熟問題に似てる・・・
 
学年とクラスをなくせば不登校は激減する
 

コメント:なし

早熟問題解決に

2019年10月24日01:54:16/カテゴリー:Private

バイオ・バンディング
 
 
 
早熟の敵は「認知」と「保護者」
 
自身が指導をし始めてから都度ぶつかる壁
 
過去にも、そこが理由でスクールを辞めて行った子、勘違いして辞めて行った子
 
 
早熟だと気づかずに保護者が才能があると勘違いしてしまうケースは少なくない
 
 
過去にも、ジュニアユース4期生のレオ本人が言ってたなぁ
 
スクール入り始めの5年生時に、「外せ、ヅラせ、フリーを見つけろ」って、言われても
スピードで抜けるし、マークに付かれても力で外せるし、何を言われているか
分からなかったけど、ジュニアユースに上り中2でその意味が分かったと言っていた。
 
中2で気付いた時には、周りもみんな自分と同じくらいのサイズになっていて
スピードも変わらなくなっている
 
「どうしよう・・・」
 
この例は本人が気付いた事で、その後の彼の行動を大きく替えた
 
 
 
 
上の学年に入れる目的は、上手いからではなく、このままでは勘違いして潰れる可能性があるからだ。
 
ただ、この想いが伝わらない事も多い
 
それが保護者の存在となる
 
「上の学年に呼ばれているからすごいねぇ〜」と周りの保護者が特別扱いをし始め
 
それに踊らされてしまい、「ん?うちの子って、もしかして・・・」
 
こんな保護者も少なくないだろう
 
 
 
逆にサイズがない子は、こういう子とやるからにはどうした良いのだろうと考える訳だ
 
 
と言う事を考えると、早熟はどんどん上の学年に上げて
 
スピードだけじゃ厳しいよ
 
同じ学年だ体強いけど、上の学年だとそうでもないよ
 
じゃぁどうしようか?と言う環境が大事
 
 
この思いがクラブ、選手、保護者で共有する事が、選手の未来を明るくするのだと思ってます!
 

コメント:なし

大阪上陸

2019年10月24日00:39:17/カテゴリー:Private

今日から週末までインストラクターとして携わらせて頂きます!
 
IMG_6893

コメント:なし

10歳までに思い切り遊ぶ

2019年10月16日02:22:12/カテゴリー:Private

親の成功体験が邪魔をする時代が来るのか
 
親の成功体験が役に立つたつ時代がもうちょい続くのか
 
 
 
子供の頃の発想力を伸ばす事が、この先も大切なんだと
 
そこの仕組みは今も昔も変わらない
 
子供の自由な発想力
 
大切にしたいですね!
 
 
 
過剰な受験勉強よりも大切な、「10歳までに思い切り遊ぶ」という経験
こどもまなびラボ
 

コメント:なし

偉大なる母

2019年10月15日23:12:15/カテゴリー:Private

静学ブログより
 
 
 
おかあさん
 
口に入れたら危ないと 部屋を片付け
あんよの時は 声を掛け応援する
 
子供がこけたら 
グッとこらえて起き上がるのを待ち
ケンカして泣いても側で見守る
 
毎朝忘れ物はないかと気に掛け
今日はどうだったかと尋ねる
 
一番美味しいところはみんなにあげて
芯の固いところを自分が食べる
 
一番早く起きてきて 
寝るときはみんながちゃんと寝たか見回る
 
大事な試合の時はお弁当を作り
勉強で疲れて寝てしまったら
そっと肩に毛布を掛ける
 
呑んだくれて帰った時は
ほどほどにしなさいと声を掛け
 
結婚の時は傍らで幸せを願う
 
孫が出来れば 一緒に喜び
腰が痛いと言いながら孫を抱く
 
最期の最期まで子供の幸せを願うのだから
いつまでたっても 
母を超えることなんてできないなぁ
 
母が結局出来ること 
それは一人で生きていけるように 
導き見守ること
 
 
死してなお 
空から見守る

コメント:なし

タイムスリップ

2019年9月22日00:05:50/カテゴリー:Private

とある会に出席させて頂き、指導の話になる
 
自分が小学生時代に教わってきた
 
コーナーフラッグに向かって蹴れ!
 
受けてもあいつが持ったらコーナーフラッグに向かって走れ!!
 
 
 
状況確認などは皆無
 
未だに少年団はこんな感じなのかと、愕然としました。。。

コメント:なし

変化

2019年9月20日23:29:05/カテゴリー:Private

IMG_6573
 
良い高校に行って、良い大学を出て、新卒で入社という既定路線が
 
大きな変化が起こる、この先の日本
 
スクリーンショット 2019-09-26 23.42.00
 
 
 
どういう風に生きて行くことが正解なのか?
 
らしく生きれる、生き抜ける、人間力を身に付ける事からかな。
 
 

コメント:なし

繋がり

2019年8月27日08:00:52/カテゴリー:Private

朝から嬉しいLINEが!
 
「プリンス出場、そして点取りましたよ!」
 
 
ゲキサカ記事

ゲキサカ-2
 
 
ボールと間違えて石を蹴って足を骨折するほどのサッカー小僧が
 
小学生時からそこに入って活躍することを夢見て来たサッカー小僧が
 
折れずに、曲げずにやって来たサッカー小僧が
 
 
たかが1点、たかが1点と思うかもしれないが
 
奴の掛けてきた思いを考えると、その1点が、そのチームで使ってもらえた事がとにかく価値がある
 
サッカーの神様に感謝しよう!
 
 
そして何より小学生から高校の環境に触れさせてくれて、中学生では何度も環境を与えてくれた興龍
 
その思いを共有してくれている事に感謝しかない!
 
 
 
まだまだ挑戦は続きますが、まずはおめでとう

コメント:なし

阿久津貴志

?php $authordata=get_userdata(3);echo $authordata->first_name;?>貴志
名前:
阿久津貴志
誕生日:
1975年9月28日
出身地:
神奈川県
所属:
湘南ベルマーレフットサルクラブ・吉本興業東京NSC7期生

(管理メニュー:ログイン


スポンサー

スペシャルサンクス

協進フルマーク工業株式会社
ZUCC
ZUCC FUTSALBASE 大井
ZUCC FUTSALBASE 町田
JO FUTSALBASE 越谷
554 WEB SOLUTION
© Takashi Akutsu. All rights reserved. Powered by 554 limited company