阿久津貴志私的公式ブログ|国士無双語録

ホーム

2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事(10件)

カテゴリー毎に表示

月別に表示

月別: 2013年04月

親の関わり方

2013年4月24日23:56:29/カテゴリー:Private

先日、3年生になる娘が学校で友達(女の子1人)から嫌がらせを受けたという話をして来た。

 

娘:「最近、〇〇ちゃんにランドセルを引っ張られて転ばされる。」

父:「で、どう思ったの?」

娘:「嫌な気分になった。。。」

父:「で、やめてって言ったの??」

娘:「言ってない・・・。父ちゃん先生に言って。」

父:「言わない。」

娘:「何で?」

父:「何で父ちゃんが言うの?自分が嫌なら、自分で言いなよ。しかも何で先生に言うの?」

娘:「嫌な事されたら、先生に言えって言われてるから。」

父:「まず、相手に言え。それでも解決しなければ先生に相談しなさい。」

 

親が問題を解決してくれると勘違いしてるの???

 

 

 

 

娘が小学1年生の時に、友達の家へ遊びに行った帰りに迷子になったことがある。

①迷子になる

②親に電話をしてくる

③迎えに行く

④解決する

 

・・・・・・・解決してないから。

 

 

本人がした事は、親に電話しただけ。

問題を解決したのは・・・・・親。

 

 

いやいや、面倒くさいけど本人に解決させろよ!

 

 

で、その話を聞いた夜、阿久津家会議に。

困難を解決するする力を親が奪わないと言う事で合意。

 

 

その時出た解決方法。

①迷子になる

②親に電話してくる

③どうしたら良いか考えさせる(人に聞く、友達の家に戻って聞く、etc)

④帰宅

 

 

 

 

 

 

昔は、泣いて帰ったら親に怒られた。

「男が泣いて帰ってくるな!!」

 

一番覚えてるのは、小学3年の時6年生のお兄ちゃんに、はっ倒されて泣いて家に帰ると、

先ず、いつものように「泣いて帰ってくるな!」の一言。

「悔しかったら、やり返して来い」

年上に勝つには武器を持とうと、自分なりに考えて木製のバットを持って家を出ようとすると。

 

「武器を使うのは最低の人間がする事だ!」と母親に往復ビンタを喰らった。

 

 

今、色々と便利なっている一方で、子供が問題解決をする力がどんどん低下しているように思える。

それは、子供のせいではなくて親のせいではないかと考えさせられる。

今は良い。でも、子供もいつかは大きくなる。

その時の事を考えると・・・・。

親が子供にしてあげれることは、目の前のエラーを解決してあげる事ではなく、

エラーの解決手段を身に付けさせる事ではないかと思う、今日この頃。

コメント:なし

阿久津貴志

?php $authordata=get_userdata(3);echo $authordata->first_name;?>貴志
名前:
阿久津貴志
誕生日:
1975年9月28日
出身地:
神奈川県
所属:
湘南ベルマーレフットサルクラブ・吉本興業東京NSC7期生

(管理メニュー:ログイン


スポンサー

スペシャルサンクス

協進フルマーク工業株式会社
ZUCC
ZUCC FUTSALBASE 大井
ZUCC FUTSALBASE 町田
JO FUTSALBASE 越谷
554 WEB SOLUTION
© Takashi Akutsu. All rights reserved. Powered by 554 limited company