阿久津貴志私的公式ブログ|国士無双語録

ホーム

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の記事(10件)

カテゴリー毎に表示

月別に表示

環境と文化

2013年4月1日10:52:26/カテゴリー:LONDRINA, Private

スペインでは昨日よりサマータイムになりました。

 

言葉では聞いたことあるのと、仕組みも知ってましたが、違和感は隠せません。。。

 

それは一緒に来ている子供たちも同様ですが、サマータイムを経験する。

朝起きて前の日より1時間時が進んでいる。時計の針を1時間進める子供たちを見て、また成長!

 

 

カテゴリーD(2001年生以下)で参加したLONDRINA U-11チームが「フェアプレー賞」を受賞しました。

P1040171

 

当初、「うちそんなにファールしなかったっけ?」くらいの感覚でしたが、

大会関係者になぜうちがこのフェアプレー賞に選ばれたのか聞いたところ、

決勝に残ったチーム以外で最も印象に残ったチームがもらえるらしく、かなりの栄誉らしい。

 

実際、この大会のDカテゴリーで表彰されたのは、優勝をしたFC BARCELONA(スペイン)と

準優勝したIVOIRE S P(コートジボアール)、そしてLONDRINA(日本)の3チームだけでした。

 

 

負けても毎回関係者には、「お前たち面白いサッカーをしているなぁ。」、「今は内容だよ。」と声をかけられた。

正直、日本だと「内容は良いけど勝てないじゃん」って、勝ち負けのみが評価になるけど、

こっちは全ての人が育成の意味を理解している。

「今日は向こうの方がフィジカルが上だったな。でも、面白いサッカーはお前らだよ」って、

よぼよぼのおじいちゃんに言われた。

 

改めてサッカー文化が違い過ぎると実感。

 

 

 

そして、スタジアム。

各町に必ずと言って良い程、人工芝、スタンド、カフェ付きのスタジアムがあり、試合があればそこに集う。

P1040111

リーガエスパニョールに所属しているチームの下部組織でもなんでもないクラブでも、

こんな感じらしい。

 

 

 

そして、選手には必ずロッカールームがあり、ロッカールームの入口からは当たり前のように

保護者の立入は出来ない。

P1030954

日本でよく見る、保護者のお茶くみなんてある訳がない。

 

 

ロッカールームにはシャワーがあり、試合後の子供たちはシャワーを浴びて出てくる。

 

 

 

日本では、土地がない、土地が高い等々あるけど、あまりに環境や文化が違い過ぎる。

 

でも、カテゴリーDで優勝したFC BARCELONAエースは同じ日本人の久保君である。

 

可能性がない訳じゃない。


コメントなし

コメント/トラックバック

▼トラックバック用URL

▼コメント

まだコメントはありません。


コメントする

※管理人にのみ公開されます

▼あなたのコメント

阿久津貴志

?php $authordata=get_userdata(3);echo $authordata->first_name;?>貴志
名前:
阿久津貴志
誕生日:
1975年9月28日
出身地:
神奈川県
所属:
湘南ベルマーレフットサルクラブ・吉本興業東京NSC7期生

(管理メニュー:ログイン


スポンサー

スペシャルサンクス

協進フルマーク工業株式会社
ZUCC
ZUCC FUTSALBASE 大井
ZUCC FUTSALBASE 町田
JO FUTSALBASE 越谷
554 WEB SOLUTION
© Takashi Akutsu. All rights reserved. Powered by 554 limited company